HIKKIE

PC / スマートフォン / ガジェット好きのひきこもりライフログBlog

Windows10に6月度セキュリティ更新(KB5003637) タスクバーに“ニュースと関心事項”が出現

KB5003637が配信された

Windows10の6月度セキュリティアップデートが公開されたのでとりあえず私物のhp ENVY x360 13-ar0000(20H2)に、KB5003637を適用したらタスクバーにニュースと関心事項が出現した。Windows Insider Programの参加者にβ版が配信されてた機能だが、先月のオプションパッチから1909以降のすべての環境で有効化されているようだ。

6月度セキュリティアップデートではすでに悪用が確認されている緊急性の高い脆弱性の修正も含まれているのでなるべく早めに導入しておきたい。

msrc.microsoft.com

support.microsoft.com

“ニュースと関心事項”はタスクバーの新機能で、現在の天気と気温を表示するタスクバーボタンにマウスオーバーすると、ニュースや株価、スポーツの結果などの新着情報をタイル表示するポップアップが現れる。ツールボタン上に表示される“ニュースをもっと見る”をクリックすると、Microsoft Edgeでさらにニュースを確認することが出来る。(デフォルトブラウザーを変更していても強制的にEdgeを使わせるみたいだ。)

ニュースと関心事項

デフォルトのアイコンとテキスト表示だと場所を取るし、アイコンとテキスト上をマウスオーバーするだけで開くのがたいへんにたいへんに鬱陶しい。めっちゃ横幅とるし…!そもそもこのタイミングでリリースするくらいなら次世代Windowsを名乗ってる21H2まで控えてろよって感じなのだが。

タスクバーの右クリックメニューでニュースと関心事項無効にするでとりあえずタスクバー上からは消えた。管理している端末でいちいち消して回るのがめんどくさそうだ。

ニュースと関心事項の無効

一部のサードパーティ製ユーティリティや組み合わせによって、KB5003637を適用するとタスクバーの表示が崩れる不具合が報告されている。通知領域のアイコンや時計などが消えて表示されなくなる症状が出るようだ。この不具合は“ニュースと関心事項”が無効になっている環境で発生する場合がある。(※必ず発生するわけではない)
“ニュースと関心事項”を有効にしておけば発生することはないようなので、もしも問題が発生するようなら、本当にどうしても無効にしておきたい場合を除けばタスクバー上の右クリックメニューからアイコンのみの表示を選択し、ホバーで開くのチェックを外してアイコンのみの表示で放っておけばいいだろう。KB5003637をアンインストールしてしまう方法もないわけではないが、セキュリティアップデートを削除するのは推奨しないので、ここにその方法は書かない。

6/11追記:その後、問題がなさそうなので自分の管理下の端末すべてでKB5003637を導入した。いまのところ深刻な問題は発生していない。手元の端末は20H2と21H1が混在している状況で、21H1の端末で同時にKB4023057が適用されるものがあった。
KB4023057はWindows10のWindows Update Serviceコンポーネントに対する安定性の改善を含むアップデートで、ようするに以降のアップデートに備えてトラブルを防ぐために問題が発生する可能性のあるレジストリキーを消したり、ぶっ壊れているコンポーネントがあるなら修復を試行したり、空き容量が足らない場合はユーザーファイルを圧縮したり、更新プログラムが正常にインストール出来るようにWindows Updateのデータベースを最適化するパッチだ。レジストリとか弄り倒してる人以外は影響を受ける可能性は低いが、場合によってはWindows Updateの更新履歴が消えたり、勝手にファイルが圧縮かけられたりすることがあるかもしれない。

support.microsoft.com

6/13追記:既知の不具合として特定のレガシーイベントログAPIを利用しているリモートデバイスのイベントログにアクセスするアプリで接続不能になる問題が報告されている。法人ユーザー以外は気にしなくていいだろうが。

docs.microsoft.com

6/22追記:ニュースと関心事項に関連する不具合を修正するオプションの更新プログラムが全環境に提供が開始された。もしも問題が発生しているならば適用してもいいかもしれない。

hikkie.hatenablog.jp