HIKKIE

PC / スマホ / ガジェット

Windows 11に定例外アップデートKB5008295│デジタル証明書期限切れで発生した問題を修正

アイキャッチ

Microsoftは米国時間で11月5日、Windows 11向けの定例外アップデートKB5008295をリリースした。

Insider Beta/Release Previewチャネルでテストされていたものが緊急的に配信される。

2021年10月31日に期限切れとなったMicrosoftのデジタル証明書が原因となり、一部のユーザーで特定のOS内蔵アプリやその一部を開いたり、使用できなくなる。影響を受けるアプリは以下。

  • Snipping Tool
  • タッチキーボード、音声入力、および絵文字パネル
  • 入力システム(IME)のユーザーインターフェース
  • 「はじめに」アプリと「ヒント」アプリ

また、Sモードでは[スタート]画面や「設定」アプリが期待通り開かない問題も発生していた。

これらの問題の一部は2021年10月度のプレビュー更新プログラムKB5006746で対処されているが、KB5008295を適用すれば完全に解決される。

▼Windows 11 10月度プレビュー更新プログラム記事

Windows 11にオプションの更新プログラム(KB5006746)│AMD Ryzen プロセッサでパフォーマンスが低下する問題が修正

KB5008295はWindows Update経由で自動的に配信される。Windows Updateを手動で確認することでダウンロードおよびインストールすることも出来る。

KB5008295をインストールすればこれらの問題は解消されるが、OSのビルド番号は変わらない。パッチが適用されているかどうかを確認したい場合は、設定アプリのWindows Updateセクションから更新の履歴へアクセスする必要がある。

参考・関連リンク

2021 年 11 月 5 日 - KB5008295 帯域外