HIKKIE

PC / スマートフォン / ガジェット好きのひきこもりライフログBlog

Androidの2021年7月度セキュリティパッチ情報が公開│Pixel 3aに適用

Googleは米国時間で7日、Androidの7月度セキュリティパッチ情報を公開した。セキュリティパッチレベルは、2021-07-012021-07-05の2つに分かれている。

Android端末におけるセキュリティパッチは通常AndroidスマートフォンのOEMベンダー、あるいは販売を行っている携帯電話会社が提供の判断を行い、配信される。すべてのAndroid端末で配信されるものではない。

2021-07-01のハイライト

パッチレベル2021-07-01では、フレームワーク、メディアフレームワーク、システムの特権昇格の脆弱性などが修正された。最大緊急度はHigh

GooglePlayシステムのアップデートもリリースされ、メディアプロバイダ、メディアコーデック、ネットワークスタックの脆弱性が修正された。

2021-07-05のハイライト

パッチレベル2021-07-05では、システムのリモートコード実行の脆弱性が修正された他、フレームワーク、WidevineDRM、QualcommやMediaTek製コンポーネントに関する脆弱性も修正されている。最大緊急度はCritical

リモートコード実行の脆弱性ってなに? / RCE (Remote Code Execution)

実際にPixel 3aに月例セキュリティアップデートを適用

インストール開始前

インストール中1
インストール中2
再起動待ち

PixelデバイスにはPixelデバイス用のセキュリティパッチが提供され、純粋なAndroidとは修正差分がある。カーネルやQualcommのコンポーネントの脆弱性が修正された他、Androidに関するバグも修正されたようだ。

アップデート適用後
Play システムアップデートはまだ

適用後のパッチレベルは2021-07-05。Google Play システム アップデートは現時点で配信が開始されていなかった。

アップデート後、現時点では深刻な問題は発生していない。

アップデートの所要時間

セキュリティアップデートのインストールにはそれなりに時間がかかって、再起動まで含めておおよそ20分ほど必要になった。

ストレージが低速なeMMCのPixel 3aと違って後続の機種たちはもっと早くアップデートを適用出来るだろうが、一応外出前とかには気軽に実行しない方がいいかもしれない。

参考・関連リンク

source.android.com

source.android.com

管理人のおすすめ記事

hikkie.hatenablog.jp