HIKKIE

PC / スマホ / ガジェット

モバイル版ChromeにChrome Dino ウィジェットがひっそりと追加されていた

Google QRコード

恐竜の姿はQRコード共有でも見られる。名前は(たぶん)まだない。

元々2月8日(米国時間)にGoogleが公式ブログで追加をアナウンスしていたのだが、Android向けChromeにひっそりと新しいウィジェットが増えているのを確認した。

Chrome Dinoというブラウザ上で遊べるミニゲームを直接起動するウィジェットと、従来の検索だけでなく、音声検索、Google Lensでの検索、シークレットモードでの起動、Chrome Dinoゲームの起動を選べるものだ。

Chromeウィジェット一覧
ウィジェットサイズ調整
2つの新しいウィジェット。Chrome Dinoのウィジェットはサイズ変更が出来ず、起動ランチャーのウィジェットはある程度サイズ変更を行うことが出来た。(Pixel 5a 5G, Android 12より)

ちなみに、Chrome DinoはAndroidだけでなくデスクトップOSやChromebookでもオフライン環境でページを開こうとしたエラーページで遊ぶことが出来る他、“chrome://dino”もしくは“chrome://network-error/-106”とアドレスバーに入力すれば遊ぶことができる。

GIGAスクール構想で配られた、アプリのインストールが制限されたChromebookでも遊べるとして、一部の小学生の間で覇権を取ったなんて与太話もあるが、今後はアドレスバーに定型句を入力することでタスクを実行する「Chrome アクション」でより簡単に起動できるようになるとのこと。

Chrome アクションの日本語ヘルプページを見ると今のところChrome Dinoの起動については日本語対応していないようだが、その内日本語でも使えるようになるかもしれない。

僕が義務教育でPC学習を受けていたころ(フロッピーディスクが現役だったはずだ。当時の学習が役に立ったと思ったことは正直あまりない。)は教師に隠れて遊ぶゲームというと、マインスイーパーとかソリティア、オンラインのFlashゲームといった感じだったが、時代が変わってもやってることは変わらない…のかもしれない。管理・監視する教師の苦労も。

参考・関連リンク

Google 公式ブログ (英語)

Chrome アクション英語ヘルプページ

Chrome Dino Game Online