HIKKIE

PC / スマホ / ガジェット

AQUOS sense6のケースやフィルムを見る

AQUOS sense6 ニュースリリース画像

公式ニュースリリース画像より。

11月4日にauから、11月11日にドコモおよび楽天からシャープのスマートフォン新製品AQUOS sense6が発売されている。

自分で使う予定はないのだが、シャープのAQUOS senseシリーズはいまのところ国内のAndroid スマートフォンマーケットでは最も人気のあるシリーズで、スマホ老人会のサポートをするには履修必須の機種だ。

うちの両親も揃ってAQUOS senseを使っていて、ぼちぼち買い替えを検討している。最終的には本人たちが選ぶことだが、ケースやフィルムの候補を選定しておく。

ケースやフィルムとは関係ないが、au版(SHG05)の端末価格は40,470円(税込・一括)。ドコモ版(SH-54B)は57,024円(税込み・一括)、楽天モバイル版が39,800円(税込み・一括)。販売価格の差は17,224円にもなる。細かい仕様の差異やカラバリの違いもあり、販路によって価格に違いがあるのはふつうだが、この価格差はちょっとふつうの範囲ではない。

たぶん、ドコモのほうは最初から年度末あたりに端末価格自体を割り引いて投げ売りするつもりでこういう値段設定になったのではないかと思うが、今後発売される予定があるSIMフリーモデルの方が定価が安いということも考えられるので、なにも割引施策を活用できないならドコモ版の購入はちょっと考えたほうがいいかもしれない。

シャープ公式AQUOS スマートフォンアクセサリー

あまり認知度が高くないのだが、シャープの公式サイトにはシャープ製スマートフォンのアクセサリーを紹介するページがある。SIMフリーモデルと補償パック、アクセサリーとのセット売りを販売しているCOCORO STOREのようなECサイトとは別で、それぞれのメーカーの製品・販売ページへリンクを飛ばすだけで直接購入は出来ない。

11月4日の14時ごろにAQUOS sense6の対応アクセサリーが追加されたようで、オフィシャルアクセサリーを確認したい場合は基本的にはこちらを閲覧すればよい。11月10日22時の時点で掲載を確認できていないが、エレコムやラスタバナナの製品も発売されている。

▼関連リンク

DESIGN FOR AQUOS とは

シャープのオンラインストア COCORO STORE(ココロストア)

AQUOSスマホアクセサリー | シャープのAQUOSスマートフォン向けアクセサリー紹介公式サイト

SHARP AQUOS sense6 対応 ケース・カバー|エレコム株式会社 ELECOM

スマートフォン機種別グッズ,AQUOS,AQUOS sense6 | ラスタバナナダイレクト

ケース

レイ・アウトおよびイングレム、LOOFの製品がオフィシャルアクセサリーとしてラインナップされている。

AmazonでAQUOS sense6のケースを見る

フィルム

AQUOS sense6はこれまでのsenseシリーズと違い、指紋センサーが画面内に統合されている。画面内指紋センサーは場合によってはフィルムの干渉を受け、有効に機能しなくなることがある。メーカーの認定を受けたオフィシャルアクセサリーを使用するべきだ。ついでに言うと、指紋の登録自体もフィルムを貼り付けてからやるべき。

一般的に画面保護フィルムはPET素材のものとガラスフィルムの2種類で、その中でも反射防止(アンチグレア)の加工がされているかどうかなど色々種類がある。ブルーライトカットを謳うものもあるが、今どきのパソコンやスマートフォンは普通ディスプレイの調色をすることでブルーライトを低減する機能がある。個人的にはフィルムとか眼鏡のブルーライトカット機能はいらないと思っている。高いし。

カメラレンズ用保護フィルムもレイ・アウトなどから販売されている。どうもシャープ的にはカメラレンズ用保護フィルムはオフィシャルライセンスを行っていないらしく他の製品でも掲載が見当たらない。もちろんライセンスを受けている企業からも販売されているのだが。

11月11日0時の時点でオフィシャルアクセサリーページに掲載されていないが、エレコムやラスタバナナのフィルムも販売が予定されている。というか、光沢のPET製保護シート2種類しか掲載がない。もちろん、実際は非光沢やガラスフィルムも売っている。

AmazonでAQUOS sense6のフィルムを見る