HIKKIE

PC / スマートフォン / ガジェット好きのひきこもりライフログBlog

Windows 11のアップグレードがやってこない

アイキャッチ

こちらの記事もご確認ください。Windows 11へのアップグレードに備えて準備する

10月5日、Windows 11が正式にリリースされました。対応する既存のデバイスへのアップグレードも順次ロールアウトされ、ユーザー側は特別な対応をしなくてもWindows 10からWindows 11へアップグレードすることが出来ます。

Windows Update経由で全面的にアップグレードが提供され始めるのはまだ先

Windows 11のアップグレードプログラムは今のところ、2022年の半ばまでかけて配信されていく予定です。通常、メーカーによって検証が終了するまでWindows Update経由でのアップグレードは差し止められ、提供される具体的なタイミングはデバイスによって異なります。 今後、数か月の間にMicrosoftやOEMベンダーから具体的な情報が共有されるはずです。Windows Updateを確認してもWindows 11へのアップグレードが降ってこなくても心配する必要はありません。

無料のアップグレード自体は現時点で特定の終了日は設けられていません。しかし、Microsoftは無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保するとしています。この終了日は一般提供の開始から1年以内に来ることはないとしています。

Windows 11の目玉機能はまだ提供されていない

Android アプリが利用出来るようになる機能や、PCゲームのロード時間を改善するDirect Storageなどの機能は正式リリースされた現時点ではまだ開放されていません。今の時点では慌ててWindows 11にアップグレードする必要はないと思います。

64bitアプリのエミュレーションは追加されたのでWindows on ARMのデバイスを使用されている場合は積極的にアップグレードする理由となります。

お使いのデバイスがWindows 11に対応するか確認する

上記、Windows 11へのアップグレードに備えて準備するで詳しく解説していますが、Microsoft公式のPC 正常性チェックアプリで確認することが出来ます。

PC正常性チェックをダウンロードする(microsoft.com)

Microsoft公式ではありませんが、ReadySunValleyのようにMicrosoft Store経由でインストールすることが出来るアプリも配信されています。

ReadySunValleyをダウンロード(Microsoft Store)

PCがWindows 11を実行するための要件を満たしていない場合、将来的にWindows 11をインストールしたデバイスへの移行を検討する必要があります。MicrosoftはWindows 10について、2025年の10月14日までサポートが続くとしています。

インストーラを利用してWindows 11をインストールする

とにかくいち早くWindows 11に触れたい、人柱になる覚悟がある場合はWindows Update経由以外にMicrosoft公式の配布しているインストールアシスタントを利用する、あるいはインストールメディアを作成する、Windows 11 ディスク イメージ (ISO) をダウンロードするといった方法でインストールが可能です。

Microsoftはアップグレード後、10日間はWindows 10へと完全な状態で戻すことが出来るとしています。自己責任でどうぞ。

Windows 11 をダウンロードする(www.microsoft.com)

Windows Updateをチェックしても配信されない理由

基本的に、Windows Update経由での大型アップデートの配信タイミングを判断するのはパソコンを売っているメーカーで、Windows Update経由で配布がされていない場合は検証作業や適応するドライバの提供がまだ終わっていないからである可能性が高い。メーカー製のパソコンを使っているなら、Windows Update経由でアップデートが配布されるのを待っていれば良い。

Windows 11の場合、一部の先行的に配信されるデバイスを除く既存のデバイスに実際にアップグレードプログラムが配信されるようになるのは2022年に入ってからのことと見られています。

不具合などでWindows Update経由でアップデートが行えない可能性

システムで使用しているストレージの容量が足らないとアップグレードは上手くいきません。また、使用しているサードパーティ製ドライバが古くWindows 11に対応していない、デバイスマネージャでエラーを吐いている、接続されている外部装置(外付けHDDやUSBハブ、ドッキングステーションなど)が原因となってアップデートを行えないといったことが考えられます。

Windows 11へのアップグレードやWindows 10の半期ごとの大型アップデート、Windows 11の年1の大型アップデートのような大規模なアップデートは使用しているアプリをすべて終了し、システムの稼働に不要な外部装置はすべて取り外した上で実行することが推奨されます。

また、ユーザーサイドでSpybot Anti-Beaconのようなサードパーティのアプリを使ってMicrosoftのテレメトリやトラッキングをブロッキングしていたりすると、正常にWindows Updateが行えない可能性があります。

テレメトリとは

ソフトウェアやアプリがパフォーマンスの改善や品質の向上を目的として収集するユーザーの利用状況データ。プロセスは自動化されていて、Microsoftやデバイスベンダーのコントロールセンターなどにデータは送信、収集されている。

通常、収集されたデータから個人を特定するのは難しいとされているが、最近では個人情報扱いされ、送信の無効化や削除が出来るようにする動きがみられる。

参考・関連リンク

Windows 11公式サイト

Windows 11の概要・要件などの確認