HIKKIE

PC / スマホ / ガジェット

Chrome OS 100が正式リリース。Detachable CM3(Kukui)にも来たけど…

Chrome 100

Googleは3月31日(米国時間)、Stable版Chrome OS 100が広範な展開に移行したと発表した。3月30日時点で3月31日にリリースを行うこと自体は発表していたものだ。

ChromebookのOSアップデートはGoogleが管理しており、大半のデバイスはリリースのアナウンスがされた時点でアップデートをセルフチェックすれば更新が可能となっている。(モデルによっては配信が遅れることがある。)

ランチャーの刷新

https://storage.googleapis.com/gweb-uniblog-publish-prod/original_images/M100-ZOOM600x400.gif

画像は公式ブログより。

Chrome OS 100で一番の刷新はランチャーの刷新だ。これまでのランチャーでは画面全体の下からグレーで塗りつぶされた背景に、太い検索バーと小さなアプリの候補が引きあがってきていたが、新しいランチャーでは左下のランチャーボタンからすりガラス状に透過された小さなフローティングウィンドウが飛び出してくるように変更される。

開いているウィンドウが見やすいように配慮したとのことだが、より既存のデスクトップOSに近いインターフェースになった。

また、アプリの表示順をアルファベットまたは(アイコンの)色順に並べ替えられるようになる。手動で配置を変えることも可能になると謳っているようだが、これはもともと出来る。

ランチャーの検索窓ではウェブ上の情報やショートカットや開いてるタブからも検索ができるようになる。

ただ、Detacable CM3(Kukuiベース Kakadu)ではバージョンアップ後もランチャーが新しいものに切り替わっていない。プロセッサの要件があるのか、ディスプレイサイズやdpiの要件があるのか、タッチパネル対応などで変わるのか、後日更新されるのかよく分からない。CM3は32bit OSなのでそっちが原因の可能性もある。

その他、公式ブログ(Google キーワード)の案内

新機能案内

更新後に表示される新機能の案内。

ランチャー以外にもいくつかの機能が案内されている。ディクテーション機能の拡張、カメラアプリのGIF撮影対応、Youtubeアプリのオフライン再生対応などをアピールしている。また、古くなったWindows/MacをChrome OS化して再生するChrome OS Flexも紹介している。

次のChromebook

https://storage.googleapis.com/gweb-uniblog-publish-prod/images/M100_hardware_image.max-1000x1000.png

画像は公式ブログより。HP、Lenovo、Acer、ASUSから発売されるより上位の製品群も紹介している。今後、数か月以内に購入できるとしているので、米国の新学期シーズンである8~9月あたりに投入されるのではないだろうか。日本市場ではほとんど発売されないかもしれないが。

手元にあるChromebookはMT8183(Ideapad Duetに採用されているHelio P60にエンコーダが搭載されただけのリネーム品であり、今ではKompanio 500でもある)搭載機種であり、CPUの高性能コアがCortex A73だ。

ARMのアプリケーションプロセッサであるCortex Aは近年スマートフォンからWindowsやChromebookのようなより大型のデバイスをターゲットにシフトしており、とくに熱心にシングルスレッド性能の向上を図っている。(代わりに、とくにフラッグシップSoCでスマートフォンでは発熱が厳しいという問題を抱えているのだが…)

より具体的にはCortex-A76からIPCが大きく跳ねていて、シングルスレッド性能が上がったぶん性能の向上が体感しやすい。購入からまだ1年くらいなのだが、物欲に負けて買い替えてしまうかもしれない。

気づいた変更点

  • Chrome 100からChromeのアイコンが刷新され、ChromeOSの方でもアイコンが変更されていた。
  • ステータス領域(右下のIMEやネットワーク、バッテリーや時刻が表示されている領域のこと。正式名称不明)がこれまで1ページに6アイコン表示だったが、9アイコン表示に切り替わり表示領域が拡大している。いつ切り替わったのか不明。

注意すべき点

バージョンが3桁になり、UA(ユーザーエージェント)を正しく使用していないWebサイトに影響が出る可能性がある。

新年度に入って様々なウェブサイトやウェブサービスがリニューアルしているので実際対応は進んでいるのだが、どうもリニューアルされたサイトの中に未だにUA文字列を使用して環境を把握しよう、サイトレイアウトを変更しようと試みているものが散見される。

GoogleはUA文字列の使用を新しいAPIに置き換えようとしており、Chrome 101以降で段階的にUAを削減していく予定なので、今後のバージョンアップでサイト利用に不都合が出る可能性がある。

参考・関連リンク

Chrome Releases: Stable Channel Update for Chrome OS

Celebrating update 100 with new Chromebook features

Celebrating Chrome OS 100: Recapping how we’ve grown with developers over the years | chromeOS.dev