HIKKIE

PC / スマートフォン / ガジェット好きのひきこもりライフログBlog

FLEXISPOT EG8 レビュー│組み立て簡単、ガラス天板の高見え電動スタンディングデスク【Sponsored】

アイキャッチ

※今回、FLEXISPOT様から製品のご提供をいただき、レビュー記事を作成しています。

FLEXISPOT EG8とは

FLEXISPOT EG8は美しい強化ガラス天板が特徴の高さを調整できる電動式スタンディングデスクです。今回提供していただいたものは比較的最近発売されたホワイトで、型番はEG8Wとなります。2021/08/08時点で直販で47,300円、Amazonではクーポン込47,000円でした。

スペックシート

公式サイトの仕様表。

FLEXISPOTって?

中国に拠点を置くLoctek Ergonomic Tech傘下のLoctek Inc.が家庭向けデスクを販売するサブブランドがFLEXISPOTという位置付けのようです。

国内での輸入販売は楽歌株式会社が行っているようですが、これはLoctekの日本法人なのかな。

FlexiSpot 健康経営ソリューション|電動式昇降デスク|オフィス椅子|スタンディングデスク

楽歌株式会社の企業詳細 - 全国法人リスト

ちなみに、フレキシスポットと読むらしい。僕は最初フレックスアイスポットと読んでました。

EG8開封の儀

外箱写真
開封写真
今見ると開封時の上下を間違っている。

外箱はかなり大きく、重いので注意が必要です。一人で箱が持ち上げられなくて自室まで引きずって運びました。組み立てもなかなか重労働なので、もしも購入するときは搬入の日時を指定して複数人で取り掛かったほうがいいでしょう。

同梱物は以下。別にEG8に限った話ではないですけど、製品開封時は抜けがないかよく確認しましょう。

  • 取り扱い説明書
  • 天板
  • 支柱
  • 脚フレーム
  • 電源コード
  • ネジ
  • 六角レンチ
  • ケーブルクランプ

小袋の写真
アルファベットの振られた小袋にネジやレンチ、ケーブルクランプが封入されています。

電源ケーブル写真
コード長は3メートルくらい。大抵の場所で延長ケーブルがいらなさそうなのはいいですね。

ケーブルクランプ写真
ケーブルクランプはテープ留めで、デスクの設置位置をきちんと決めてから配線がすっきりするように貼り付けたほうがいいでしょう。

組み立ては重労働・絶対に2人以上で取りかかったほうがいい

組み立て写真1
組み立て写真2
組み立て写真3
組み立て中の写真。手回しでねじを合わせた後レンチで締めるだけです。作業時間は2人で30分かからなかったと思う。

組み立てに際して別途必要なものはありませんが、十分な作業空間と時間は必要です。
組み立て作業に特段複雑な内容はありません。構造も大きく3分割されているだけでシンプルなので、ちゃんと説明書を読んで組み立てれば問題はないと思います。

天板や床を傷つけないようにマットなどの上で作業をしましょう。

デスクを起こすのが一番大変!

組み立てが終わったデスクは逆さまの状態から起こさないといけませんが、とても重量があるので場合によっては怪我をする可能性もある、一番危険な作業です。一人で取り組むのは避けたほうがいいです。

梱包資材と外箱のゴミがすごい量に…

ゴミの写真

丁寧に梱包されているということですが、梱包資材のダンボールゴミがすごい量になります。組み立て作業には覚悟が必要です。

フォトグラフ

斜めから
正面
タッチパネル部とUSBポート
メーカーロゴシール
ノートPCを並べた写真
ノートPCとキーボードを並べた写真 横から
左斜め視点
右斜め視点
デスク下ケーブル部

実際に触れてみて良いと思うところ

ガラス天板が美しい!

透き通った強化ガラス天板、純白に塗装されたスチールは所有欲を満たす美しいデザインです。ガラスのひんやりした手触りは気持ちよく、良いものを買ったと思わせてくれると思います。

USBポートが3口くっついてくるのがちょっと嬉しい

Standard-Aが2口、Type-Cが1口備え付けられていて、スマートフォンなどのモバイル製品やUSB給電の周辺機器に給電出来ます。説明書を見ると全て12W上限のように書いてありましたが、Aが12W(5V2.4A)、Cが18W PD(9V2A)対応かな。大電力を要求するノートPCや一部のタブレットPCは給電出来ない可能性があります。

ノートパソコンを充電する様子1
ノートパソコンを充電する様子2

手持ちのhp ENVY x360 13-ar0000で確認したところ、起動・スリープ状態では給電が有効にならず、シャットダウンした状態でのみ充電が行われました。充電に使用したケーブルはVerbatimのType-C to C 3.1 GEN2 ケーブル。この辺の振る舞いは製品とその組み合わせで変わる可能性があります。

引き出しもあるのがちょっと嬉しい

引き出しの写真

別になくてもいいんですけど、小物が入れられる引き出しはあったほうがやっぱり便利ですね。ノートPCやキーボードもほこりを避けて収納することが出来ます。15.6インチクラスのノートPCまでは多分入るんじゃないかな。

安全機能が一通り揃っている

チャイルドロック・障害物検知時の昇降停止機能に対応しています。障害物検知の感度も調整することが出来ます。ないよりはあったほうが安心、転ばぬ先の杖というやつ。

購入を検討する場合は注意が必要だと思うところ

ガラス天板には実用上のメリットはない

ガラス天板は美しいですが、実用する上でのメリットというのはほとんどありません。クランプ式のモニターアームやトレーなどは設置出来ません。マウスは採用しているセンサーの種類・性能に依存すると思われますが、マウスパッドがないと使用出来ない可能性があります。私物のロジクール M590は使えず。もっとも、ガラスや光沢面で使えることを謳っているマウスは山程ありますし、製品の瑕疵ではなくてガラス天板全体でそういうものですが。

マウスパッドがないと使えないマウスがある

重い!

これも製品の瑕疵ではないんですけど、やっぱりデスク自体が重いので、搬入や組み立て、設置時に注意が必要です。頻繁に動かして使うものではないので、目的に合わないなら買わないほうがいいです。

耐荷重がちょっと弱い

カタログ耐荷重が50kgなので、あまり重たいものを置くのには向いていません。タワーサイズのデスクトップPCとモニタを複数台置いたりするのはちょっと怖いですね。まあ、50kgオーバーするほどあれこれ置く人もあんまりいないと思いますが。

FLEXISPOT EG8は情緒的価値に重点を置いた価格に見合う美しい製品

電動昇降機能もありますが、やはりこの製品の一番の魅力はガラス天板の美しさだと思います。ガラス天板には実用上のメリットはほとんどなく、PCデスクとして使用する場合はむしろガラス天板に起因する問題があります。ガラス天板に魅力を感じない方はEG8を購入される必要はないでしょう。FLEXISPOTからもガラス天板でない電動昇降デスクは販売されていますし、他のメーカーの製品も選択肢に上がるはずです。

ガラス天板のデメリットに目を潰れる、魅力を感じるのならば細かい仕様は「ちょっと便利」な気配りが効いたもので、使い勝手が良く魅力的な製品です。とくに美しいもの、触っていて嬉しくなるものに囲まれて気持ちよくデスクワークをしたい人FLEXISPOT EG8をおすすめしたいと思います。ホワイトカラーはApple製品との親和性も高そう。