HIKKIE

PC / スマホ / ガジェット

ぶっちゃけPixel 6とPixel 6a、どっちを買うべき?│Google I/Oで「Pixel 6a」や「Pixel Watch」など多数のハードウェア製品が発表

Googleが5月11日(日本時間5月12日)に開発者向けカンファレンス「Google I/O」を開催。2019年以来となる久々のリアルイベントでしたが、廉価版Pixel aシリーズの新機種「Pixel 6a」やようやくANCに対応する完全ワイヤレスイヤホン新機種「Pixel Buds Pro」、今後投入予定の製品としてGoogleブランドで初となるスマートウォッチ「Pixel Watch」、「Pixel 7」、「Pixel Tablet」が発表されました。

「Google Tensor」搭載の「Pixel 6a」は53,900円(税込み・Google ストアの定価)

Pixel 6a(Google ストア)

既にGoogle ストアに紹介ページが存在する。

Pixel 6の廉価版として、Pixel 6で初めて搭載されたGoogleのオリジナルシリコンGoogle Tensorを搭載。これまでPixel 6や6 Proに限定されていた文字起こし機能付きのレコーダー、動画や音声などの自動字幕起こし、リアルタイム翻訳などの強力なAI機能やPixel 6とほぼ同等のカメラ機能が利用できます。

SoC:Google Tensor

メインメモリー:6GB (Pixel 6は8GB、Pixel 5aは6GB)

ストレージ:128GB (Pixel 6は128or256GB、Pixel 5aは128GB)

バッテリー容量:4410mAh (Pixel 6は4614mAh、Pixel 5aは4680mAh)

ディスプレイ:6.1インチ(2400x1080) HDR対応OLED 60Hz駆動
(Pixel 6は6.4インチ 90Hz駆動、Pixel 5aは6.34インチ 60Hz駆動)

本体サイズ:71.8(横)、152.2(縦)、8.9(厚さ)mm
(Pixel 6は74.8、158.6、8.9mm、Pixel 5aは73.2、156.2、8.8mm。)

重量:178g (Pixel 6は207g、Pixel 5aは178g)

メモリが8GB→6GBにサイズダウン。パフォーマンスへの影響は?

全体的にPixel 6、あるいはPixel 5aと比べてサイズダウン、軽量化されており、横幅が小さくなっているので手の小さい人には握りやすくなっていると思われます。代わりにバッテリーがサイズダウン。メインメモリーもPixel 6の8GBから6GBへ減っています。ワイヤレス充電(Qi)もありません。Pixel 5aまでの廉価モデルには搭載されていたイヤホンジャックもなくなってしまいました。

Android OSは基本的にアプリが使用できるメモリー領域を厳しく制限しているので、メモリーが8GBから6GBになったことで個々のアプリのパフォーマンスが劇的に低下するということは基本的にはありません。

ただ、メモリが8GB以上のAndroid デバイスでは64bitバイナリを使用することでパフォーマンスが改善するアプリが一部に存在します。代表的なものがGoogleのデフォルトブラウザであるChromeです。

Chromeブラウザ(バージョン89以降)はメモリー8GB以上、Android 10以降を搭載するデバイス向けに64bitバイナリが提供されていて、Googleの公称では読み込みが8.5%、スクロールと入力は28%高速になっている…としています。

いにしえの時代、Windows 7で本格的に64bitが展開されたときに様々なベンチマークテストが行われたが、基本的に32bitバイナリより64bitバイナリのほうが軽快に動作するものだ。テストの内容によって数%から顕著なものは30%近い動作速度の改善が見られるものもあったが、ブラウザはとくに使用状況によってメモリを大量に使用する傾向があるため、だいたい公称している通りにパフォーマンスが改善する可能性は高い。

セールが来ない限りはPixel 6を買ったほうがいいと思う

5月13日現在、ゴールデンウィークセール中のPixel 6は税込み60998円だ。(セールは16日まで予定。)値下げされていないPixel 6aとの価格差はそれほど大きくはない。いまのところ、サイズ感が物凄く気に入ったとかでない限り、正直Pixel 6を購入したほうが良いと思う。将来的にはキャリアの期末投げ売り案件や、Google ストアでもセールが行われることがあるだろうが。

参考・関連リンク

Google ストアでは Google のデバイスやアクセサリをご購入いただけます

Chromium Blog: Advanced memory management and more performance improvements in M89